【今後高騰が見込める草コイン「KIN」】|海外版LINEで使える仮想通貨について解説

 

f:id:kiikuloe:20180108174226p:plain

 

こんにちは、ハチミツです。

今回は「KIN」という日本ではあまり話題にされていない仮想通貨について紹介します。

個人的に注目しているので、少しづつ買い増ししていく予定です。

 

仮想通貨「KINが使えるようになる、

メッセンジャーアプリ「kikを実際に使ってみた感想も書いてみました。

 

 

よかったら参考にしてみてください。

 

 

KINはこんな通貨💰

  • 1円以下(だいたい1桁Satoshi)
  • kikというメッセンジャーアプリ内で使える通貨
  • kikという会社自体がkikアプリ用にKINを発行=実現可能性高い
  • テスト利用をすでに実施している
  • ウォレットを扱う際に専門知識を必要としない設計

 

kikはカナダ発のメッセンジャーアプリ。アメリカでもかなり使われています。

トーク画面はこんな感じ↓

これは適当に検索した暗号通貨グループのトークルームの様子。

1分間で何回もやり取りされるなどかなり活発でした。

 

実際に少し使ってみたのですが、

「匿名性」+「グループトーク検索機能」がLINEと大きく違うと思った点

電話番号の登録も一応あるのですが、スキップできました。

グループトークは最大50人まで、非公開グループトークを作成できます。

(「あまり拡散されたくない情報を先着50人までの人たちに公開する」

のような使い方もできるかもしれません)

 

また、UIは地味に日本語対応。

個人的には今後日本進出を狙っているのではないかなと期待しています

 

 

調べてみたところ、

アメリカの10代の40%が利用、世界で2億4千万のユーザーがいる模様

将来に期待してもいいのかなと思っています。

 

kikの特徴まとめ
  • 匿名性高い
  • グループ検索機能・気軽に参加できる
  • 10代の利用者数が多い

 

 

KINのユースケース例

kik上でKINがどのように使われるのかをまとめます。

 

  • VIPグループを作成しグループの管理者として自分自身をマネタイズできる(VIPグループに参加するときは管理者にKINを支払う必要があるので収益になる)
  • 音楽などのコンテンツを閲覧する際にクリエーターに報酬を払うことができ、クリエイターの制作活動の活発化に貢献できる
  • グループトークでKINを支払うと自分のメッセージが優先的に表示される
  • トーク内でチップを送れる
  • BOTに出前の注文をするときなど、決済にも使える

 

詳しくはWPを読んでみてください。

日本語で書かれています。

 

 

 

KINの購入方法

 

MERCATOXというイギリスの取引所で購入できます。

なかなか話題にならない取引所ですが、

2段階認証があるので比較的安心して使えますよ。 

 

登録方法と注意点を書きました。

注意点は一回読んでもらったほうがいいかもです。

www.crypto-hatimitu.com

 

 

ビットレックスやバイナンス、クリプトピアなど、

海外取引所の新規登録停止が立て続けにおきているので、

興味があれば登録だけしておいた方がいいかもしれません。

 

 

(1/15追記)

Bancarでも購入できるようです。Etherdeltaより簡単そうな印象です

Bancor protocol

 

(ちょっとまだ高騰しないでほしい。多分まだ無名なので大丈夫なはずだがイケハヤ次第なところもありそうでこわい)